SponsoredLink

糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念

もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。


糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病性高血圧症候群が考えられるまま子供を産むと、子供自体が巨大化したり、早熟児に考えられる奇形児、胎児が死んでしまうと言うこともあるのです。もともとの糖尿病に対する一般的な考え方や、治療方法が進まない、画期的な方法がないといったことの結果、糖尿病という自分の病気があることによって、結婚・出産をやめようと考える人も少なくないようです。


それでは、糖尿病と診断された人が悲しすぎますよね。いろいろ調べてみると、今では、血糖値の上昇などをきちんと考え向き合えば、網膜症、高血圧症などの考えられる合併症を出さずにすむこともあります。大好きな人との結婚、そしてその相手の子供を産むという出産。もちろん大丈夫なのです。相手に良く説明して分かってもらっておくようにしましょう。そして二人で先生に相談にいってみましょう。せっかくの縁ですから大切にしましょう。
もちろん男性の方が糖尿病と考えられ、勃起自体ができない場合もあります。この際も、先生に打ち明けることで、バイアグラなどを使い治療が出来る場合もあるかもしれません。あきらめる前に一度、相談することはいいことだと思います。



1960年代の途中まで、糖尿病になっている妊婦が出産する子供の7割が、生まれたときの体重を 4,000グラム超える巨大児だったといいます。母体自体が糖尿病ですと、糖が胎児にうつってしまい、その糖が脂肪になって胎児の中に溜まるので、巨大児となったようです。こうなると自然分娩が厳しいくなります。帝王切開をする出産となるわけです。
現在では、血糖値を正常にコントロールすることによって、その現象が減ってきました。現代の医学はすばらしいですね。
未熟児ですが、こちらも、新生児に対しての治療方法が進化していますので、そういった評判のいい病院であれば不安にならずに子供を産むことができるわけです。
出産にともなって、糖尿病を発症する場合もあります。これが妊娠糖尿病と呼ばれているものですね。たいがいは出産後に元に戻ると言われています。半数くらいは長い間、発祥する場合もあります。そのことを考えても定期健診は必要かなと思いますよ。

糖尿病からくる腎症症状

糖尿病になると、さまざまな合併症がおこります。糖尿病性腎症症状も、そのうちの1つです。糖尿病には3大合併症と呼ばれるものがありますが、そのうちの1つでもあります。糖尿病にかかり高血糖の状態が長く続くことで起こる合併症です。糖尿病の治療で使われるインシュリンですが、インシュリン依存、非依存で1型糖尿病と2型糖尿病の2つに分かれます。このどちらでも糖尿病性腎症の症状は出ることがあるのです。
腎臓はもともと、からだに溜まる老廃物を「ろ過」する仕事を請け負っている内臓です。しかし糖尿病になり、高血糖の状態が続くため細小血管が痛みをともない、正常なろ過機能が出来ない常態になるのです。その結果、尿にタンパクがで始めます。そして、尿が出にくい状態になり、尿毒症という病気へとなっていくのです。この悪循環が続くため、末期には、透析治療を受けなければならないほどになります。


「腎症正常期」
症状は特にありません。(血糖値のコントロールに努め、血圧のチェツクをしましょう)

「腎症初期」
自覚症状は特に出ませんが、血圧が上がるという症状が出る場合もあります。(微量アルブミン尿が陽性ー微量のタンパクが尿に出てきます。厳しい血糖値のコントロールが必要です。そして利尿剤の服用をします)

「顕性腎症期」
タンパク尿が陽性になり、腎機能が急激に低下します。むくみが出る人もいます。(腎症の進みを出来るだけ遅らせる事が必要になります。厳しい血糖値のコントロール、血圧を継続的に測りチェック、食事療法、むくみをとる)

「腎不全期」
・貧血が出たり、からだがだるくなる。(尿毒症)
・手足が痛くなったり、かゆみを伴う。(尿毒性神経痛)
・継続されてからだのむくみが出る。(ネフローゼ症候群)
(腎臓で血液がろ過されなくなるため、老廃物が血液中にたまり、腎不全と呼ばれる症状が現れるのです。この時期の治療は、症状を出来るだけ抑えることが目的となります)

そして腎不全が進むと、血糖値の上昇があまり高くならないため、もしかしたら糖尿病がよくなった?と思うことがあります。しかし血糖コントロールが悪ければ、インシュリンによる治療になるのです。この治療の結果が良くない場合、改善がみられない場合は、透析期に入ります。

末期腎不全になると老廃物のろ過ができなくなります。どうしても浄化をしなければならないため、透析治療をすることが必須となるのです。

1型糖尿病

糖尿病には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2つに分けられます。
1型糖尿病の特徴は、頻繁にのどが渇く。トイレの回数が増える。病的に痩せ始める。これが急激にはじまり糖尿病となります。そして、実は糖尿病というと中高年のイメージですが、子供にも糖尿病が出ていることも事実です。
2型糖尿病ですが、そのほとんどは、メタボリックの気になる中年の時期に発病すると言われています。1型糖尿病に比べると、ゆっくりと発病するので、自分で変化に気が付くのが遅くなります。糖尿病自体では分かりにくいので、糖尿病の合併症が発見されて気が付くことも多いようです。そこでビックリするようですね。この2型糖尿病が、糖尿病と呼ばれる病気のほとんどをしめています。
糖尿病というのは、すい臓から出るインシュリンに関係していて、このインシュリンがほぼ出ない状態を1型糖尿病。それに対してインシュリンの出が少なくなったり、インシュリンを出す力が悪くなってくるのを2型糖尿病というわけです。


糖尿病の中では、症状の重い1型糖尿病ですが、まず、やたらとノドが乾いて水分が欲しくなります。そしれトイレにも頻繁に行くようになります。ダイエットしている訳でもないのに、急激に痩せるのも症状の1つです。この症状が出てきたら危険信号です。すい臓から分泌される、インシュリンの量が足りなくなってきています。そのため、体にブドウ糖が運ばれず、体が異常に必要として欲しています。これが1型糖尿病の代表する症状といえると思います。1型糖尿病は、遺伝しなと言われています。身内に糖尿病にかかっている人はいないから大丈夫!というのは安易な考え方です。2型糖尿病から、1型糖尿病に変化してしまうこともあるといいます。


血糖のコントロールが出来なくなり、高血糖の状態が長期化すると、下痢や嘔吐が始まります。そして、ひどくなるとこん睡状態に陥ってしまう場合もあるのです。
インシュリンの注射や、先生から処方される薬を自己判断で飲んだり飲まなかったり。食生活の改善をしなかったり。糖尿病の対処に手を抜くと、こういったことが起こるのです。急を要する危険な合併症の症状なのです。おおげさではなく「死」が近づく場合もあり、とても危ない症状なのです。

腹が減る・気分が悪い・気持ちが悪い・変な汗をかく・顔面蒼白になって、気を失ってしまう。これは、糖尿病の治療を進めることで、出てきてしまう低血糖の関係です。インシュリンの注射が強すぎたり、食事療法をしているため、カロリーが足りなくなったり、お酒を飲んだり。これが低血糖の原因と考えられています。
おなかが空いた感じがして、変な汗をかき、体の震えを感じたり、過呼吸、動悸などの変化が表われ、最もひどいときになると、こん睡状態にまでなってしまいます。糖尿病による、急激型の合併症が出た場合の方の症状と思われます。人それぞれのタイプが違うので、自分はどんなタイプなのかしっかり把握しておくことは、大切だといえると思います。