SponsoredLink

糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念

もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。


糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病性高血圧症候群が考えられるまま子供を産むと、子供自体が巨大化したり、早熟児に考えられる奇形児、胎児が死んでしまうと言うこともあるのです。もともとの糖尿病に対する一般的な考え方や、治療方法が進まない、画期的な方法がないといったことの結果、糖尿病という自分の病気があることによって、結婚・出産をやめようと考える人も少なくないようです。


それでは、糖尿病と診断された人が悲しすぎますよね。いろいろ調べてみると、今では、血糖値の上昇などをきちんと考え向き合えば、網膜症、高血圧症などの考えられる合併症を出さずにすむこともあります。大好きな人との結婚、そしてその相手の子供を産むという出産。もちろん大丈夫なのです。相手に良く説明して分かってもらっておくようにしましょう。そして二人で先生に相談にいってみましょう。せっかくの縁ですから大切にしましょう。
もちろん男性の方が糖尿病と考えられ、勃起自体ができない場合もあります。この際も、先生に打ち明けることで、バイアグラなどを使い治療が出来る場合もあるかもしれません。あきらめる前に一度、相談することはいいことだと思います。



1960年代の途中まで、糖尿病になっている妊婦が出産する子供の7割が、生まれたときの体重を 4,000グラム超える巨大児だったといいます。母体自体が糖尿病ですと、糖が胎児にうつってしまい、その糖が脂肪になって胎児の中に溜まるので、巨大児となったようです。こうなると自然分娩が厳しいくなります。帝王切開をする出産となるわけです。
現在では、血糖値を正常にコントロールすることによって、その現象が減ってきました。現代の医学はすばらしいですね。
未熟児ですが、こちらも、新生児に対しての治療方法が進化していますので、そういった評判のいい病院であれば不安にならずに子供を産むことができるわけです。
出産にともなって、糖尿病を発症する場合もあります。これが妊娠糖尿病と呼ばれているものですね。たいがいは出産後に元に戻ると言われています。半数くらいは長い間、発祥する場合もあります。そのことを考えても定期健診は必要かなと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6070970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック