SponsoredLink

糖尿病からくる腎症症状

糖尿病になると、さまざまな合併症がおこります。糖尿病性腎症症状も、そのうちの1つです。糖尿病には3大合併症と呼ばれるものがありますが、そのうちの1つでもあります。糖尿病にかかり高血糖の状態が長く続くことで起こる合併症です。糖尿病の治療で使われるインシュリンですが、インシュリン依存、非依存で1型糖尿病と2型糖尿病の2つに分かれます。このどちらでも糖尿病性腎症の症状は出ることがあるのです。
腎臓はもともと、からだに溜まる老廃物を「ろ過」する仕事を請け負っている内臓です。しかし糖尿病になり、高血糖の状態が続くため細小血管が痛みをともない、正常なろ過機能が出来ない常態になるのです。その結果、尿にタンパクがで始めます。そして、尿が出にくい状態になり、尿毒症という病気へとなっていくのです。この悪循環が続くため、末期には、透析治療を受けなければならないほどになります。


「腎症正常期」
症状は特にありません。(血糖値のコントロールに努め、血圧のチェツクをしましょう)

「腎症初期」
自覚症状は特に出ませんが、血圧が上がるという症状が出る場合もあります。(微量アルブミン尿が陽性ー微量のタンパクが尿に出てきます。厳しい血糖値のコントロールが必要です。そして利尿剤の服用をします)

「顕性腎症期」
タンパク尿が陽性になり、腎機能が急激に低下します。むくみが出る人もいます。(腎症の進みを出来るだけ遅らせる事が必要になります。厳しい血糖値のコントロール、血圧を継続的に測りチェック、食事療法、むくみをとる)

「腎不全期」
・貧血が出たり、からだがだるくなる。(尿毒症)
・手足が痛くなったり、かゆみを伴う。(尿毒性神経痛)
・継続されてからだのむくみが出る。(ネフローゼ症候群)
(腎臓で血液がろ過されなくなるため、老廃物が血液中にたまり、腎不全と呼ばれる症状が現れるのです。この時期の治療は、症状を出来るだけ抑えることが目的となります)

そして腎不全が進むと、血糖値の上昇があまり高くならないため、もしかしたら糖尿病がよくなった?と思うことがあります。しかし血糖コントロールが悪ければ、インシュリンによる治療になるのです。この治療の結果が良くない場合、改善がみられない場合は、透析期に入ります。

末期腎不全になると老廃物のろ過ができなくなります。どうしても浄化をしなければならないため、透析治療をすることが必須となるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6070963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック